(・ω・`)『しょぼーん』のつみたてNISA記録

つみたてNISAでたわら先進国vs楽天VTI。勝つのはどっち?

米株式市場、メルトアップと言う成層圏に突入か

2018/2/3、7:00時点でのたわら先進国vs楽天VTIだよ。

f:id:shoboonn:20180203062441p:plain

たわら先進国は前日比+0.08%の上昇。

楽天VTIは前日比−0.01%の下落。

無事に二回目のつみたてNISAの買付が完了して、累計積立額が増えました。

 ゆっくりゆっくり資産を増やそう。

 

メルトアップ相場が始まるか

 

2/2(日本時間2/3)、大きく下落した米株式市場。

調整を予測する声もあるが、市場関係者の間では別の言葉も流行っている。

それは『メルトアップ』である。

 

『メルトアップ』とは株を買い上がる十分な理由もないのに、市場の上昇に乗り遅れまいと投資家が殺到し、グングンと株価が上昇してく状態でる。

 

メルトアップという状況はメルトダウンの前兆とも言われている。

 

株には色々な格言があるが、その内の一つに次のようなものがある

「相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく」

アメリカの著名投資家ジョン・テンプルトンの言葉である。

 

今の状況、メルトアップに至る段階は「懐疑の中で〜楽観の中で成熟」だと思うのである。

 

現状、アメリカの減税や世界的に良好な経済状況にあり、長期に続く上昇相場に警戒しつつもまだ大丈夫だと思い、投資家は投資を続けていそうなのである。

 

ちなみに(・ω・`)もその内の一人である。

 

何があろうと積み立てる

 

つみたてNISAという長期投資の入り口が、メルトアップ相場という稀有な事になりそうな今年。

逆に言えば入り口〜2、3年でメルトアップ〜メルトダウンに入れば、しばらくの間安く買える期間が続くということでもある。

 

長期投資の鉄則は『続けること 』

上がろうと下がろうとつみたてNISAで投資を続ける。

 

メルトアップが起ころうとメルトダウンが起ころうと、いつか報われると信じて投資を続けるしかないのである。

 

ただし、忘れてはならないのは投資は『自己責任』ということである。

どんな情報を得ても最後に決めたのは自分であって、損したからと言って他人を責めてはいけない。

そのかわりに、儲かったら自慢しまくればいいのである。

 

それじゃあ、また(・ω・`)

 

追記

『つみたてNISA1年目(2018年)』は『米国株&つみたてNISA1年目(2018年)』になりました。

最新情報はこちらです。

www.shoboonn.com