(・ω・`)『しょぼーん』のつみたてNISA記録

つみたてNISA&米国株へ投資中

ジョーカーがでるか?トランプ大統領の一般教書演説。


2018/1/30、7:00時点でのたわら先進国vs楽天VTIだよ。

f:id:shoboonn:20180130063220p:plain

たわら先進国は前日比+0.03%

楽天VTIは前日比+0.07%

円高進行はしたものの、両投信とも微増。

 今週はたくさんの決算の他にも、株式市場と為替に影響がありそうなイベントが・・・。

 

トランプ大統領による一般教書演説

 

1月30日(日本時間31日午前)にトランプ大統領による一般教書演説が行われる。

 

内容としては好調な経済・雇用や税制改革を成果として強調。

今後のインフラ投資や移民制度についての見直し、と言った事を話すらしい。

 

この他にも保護主義的な政策の主張や、安全保障の問題なんかも話題に上がりそう。

結構、市場に影響を及ぼしそうな話題がちらほらと。

 

当初インフラ投資は1兆ドル(日本円で約110兆円)と言っていたが、最近では1兆7000億ドル(日本円で約187兆円)になりそうだって話しもあり内容に注目。

 

安全保障の問題では、北朝鮮への対応をどうするのか。

圧力をかけるのやめないだろうけど、直接対話に前向きな発言があれば市場にはプラスに働いてくれる。

 

ただ保護主義的な政策の話題は、内容によっては市場にマイナスになる予感。

 

アメリカファースト主義の大統領

 

アメリカファーストを主張するトランプ大統領は、国際的な貿易協定から離脱・再交渉を今でも行なっており、北米自由貿易協定(NAFTA)はまだどうなるか未定。

 

一度離脱した環太平洋経済連携協定(TPP)にも、条件によっては再び参加すると言ってきたり、中国との貿易不均衡問題もある。

 

ここら辺の貿易関係の問題に、どの程度具体的に触れるかも要チェック。

 

上昇要因と下落要因が入り混じった一般教書演説になりそうで、演説後の世界株式市場はボラリティが上昇しそうな予感。

 

まあインタビューやツイッターでは過激な発言が目立つトランプ大統領だけど、公式な演説では大人しく無難にこなしている印象もあるから、そこまで心配はしていなかったりする。

 

けども、誰も予想していないジョーカーな発言が飛び出る可能性も否定しきれないのん。

それだけは勘弁してほしいところ。

 

それじゃあ、また(・ω・`)