(・ω・`)『しょぼーん』のつみたてNISA記録

つみたてNISA&米国株へ投資中

たわら先進国 vs 楽天VTI 週間動向 2018/4/24〜28


たわら先進国vs楽天VTI 週間動向

 

2018/4/24〜28のたわら先進国vs楽天VTIの週間動向だよ。

f:id:shoboonn:20180429055905p:plain

楽天VTIがプラス圏に再突入したのである。

たわら先進国もマイナス幅は1%をきり、久しぶりのプラス圏が見えてきた。

 

来週は5回目のつみたてNISA買付日が訪れるわけだが、さて5月はどうなるだろうか。

 

では、たわら先進国と楽天VTIの価格に影響の大きい米株式市場、今週の様相を振り返るのである。

 

今週は米長期金利が節目の3%を超える場面も見られたが、その影響は感じられなかった。

かわりに株式市場を動かしたのは本格化した企業決算だった。

 

グーグルやフェイスブック、アマゾンと言った大型株の決算発表がてんこ盛りだったのである。

 

中でも市場全体に大きな影響を及ぼしたのは、建設機器大手・キャタピラーと情報流出問題で揺れるフェイスブック、検索最大手グーグルだろう。

 

現地時間4月24日、キャタピラーが決算発表を行ったのだが、業績は好調だった。

だが、決算発表後キャタピラーの株価は前日比–6%超の急落。

 

なぜかと言うと、「今年は今回(1〜3月期)の業績がピークだろう」と経営陣が発言したからである。

 

おかげで先行き不安から売りに売られた。

そしてそれが市場全体に波及して、その日の株式市場は右肩下がりとなった。

 

また同日のグーグルやフェイスブック、アマゾンと言った大型株も前日比約4%

の下落。

 

これはおそらく、グーグルが前日の決算内容を受けて下落した事で、他のハイテク関連銘柄が巻きこまれたのだろう。

 

グーグルも決算内容自体は増収増益で良かったのだが、自動運転車などへの先行投資費用増加が嫌気されて売りが出た。

 

そんな急落で不安が過ぎる中、週の後半にフェイスブックの決算発表があった。

結果は「不安なんて杞憂さ」と一笑にふす素晴らしいものとなった。

 

増収増益、情報流出問題で不安視されていたアクティブユーザー数も前年同期比で+13%増。

 

その結果、決算発表後の取引では前日比+9%を超える大幅高となり、ハイテク関連銘柄を覆っていた不安の影をかき消したのである。

 

またアマゾンも今週の後半に決算発表を行い、相変わらずの好業績で決算発表後は前日比+3.6%となった。

 

「とりあえずアマゾン買っておけば儲かる」って言いたくなるくらい、業績も株価も強いのである。

 

来週は現地時間5月1日にアップルの決算発表がある。

 

iPhoneの販売台数減少や、スマートスピーカー『HomePod(ホームポッド)』の売れ行きがイマイチと言われている中での決算発表。

 

App StoreやApple Musicと言ったサービス事業の昨年の売り上げが、フェイスブックの年間総収入を上回ったりもしており、アップルはiPhone+αになりつつある。

 

だがやっぱり株価に影響が大きいのはiPhoneの販売台数。

アップルは時価総額が大きいだけに、がっかり決算だと相場全体を揺るがしかねない。

 

さて、来週は波乱か安定か。

アップルの決算に注目である。

 

それじゃあ、また(・ω・`)