(・ω・`)『しょぼーん』のつみたてNISA記録

つみたてNISA&米国株へ投資中

FANG(ファング)を代表とする外国株の造語。最新の注目はMANIA(マニア)。


つみたてNISA と米国株 

 

2018/6/19、7:00時点での状況だよ。

・つみたてNISA 

f:id:shoboonn:20180619055903p:plain

たわら先進国は前週末比−0.36%

楽天VTIは前週末比−0.21%

 

まだまだ弱い欧州株式市場。

昨日も米中貿易摩擦が重しとなって大きく下げている。

他にも理由があるとはいえ、当事国の米株式市場より弱いってどういうこっちゃ・・・。

 

・米国株

f:id:shoboonn:20180619054524p:plain

現地時間6月18日の米株式市場は高安まちまち。

前週末比でダウ−0.41%、S&P500−0.21%、ナスダック+0.01%となった。

 

(・ω・`)指数は前週末+0.51%の上昇。

 

本日の米株式市場は米中貿易摩擦懸念が重しとなり、ダウは5日続落となった。

中国比率に高いボーイングやキャタピラー、プロクター・アンド・ギャンブルが売られた。

また、投資判断の引き下げをくらったインテルやウォルト・ディズニーも安い。

 

だがしかし、そんな中でもナスダックを構成する大型ハイテク銘柄は強い。

アマゾンとフェイスブックは上場来高値を更新。

 

グーグルも中国のインターネット通販大手、JDドットコムへ出資すると発表し、アジア圏での影響力強化が期待されて+2.10%の上昇。

 

本当に大型ハイテク銘柄の強さは圧巻の一言である。

 

FANG系統の派生一覧

 

アメリカを代表とする注目企業の銘柄群『FANG』

 

これはフェイスブック(Facebook)、アマゾン(Amazon.com)、ネットフリックス(Netflix)、グーグル(Google)の4社の頭文字をとった造語で、2015年にアメリカの著名投資家ジム・クレイマー氏が注目銘柄として名付けたものである。

 

その後、色々な派生が登場いるのだが、ざっくりと紹介していこうと思う。

 

・FAAA(ファー)

フェイスブック(F)、アリババ(A)、アマゾン(A)、アルファベット(A)

FANGの名付け親ジム・クレイマー氏が2016年に注目すべき企業としてあげた銘柄群。

 

・FAAMG(ファムグ)

フェイスブック(F)、アマゾン(A)、アップル(A)、マイクロソフト(M)、グーグル(G)

2017年からのアメリカの投資家の間で使われるようになった。

FANG+アップル(A)+マイクロソフト(M)ーネットフリックス(N)

 

 ・FAANG(ふぁんぐ)

フェイスブック(F)、アマゾン(A)、アップル(A)、ネットフリックス(N)、グーグル(G)

こちらも2017年からアメリカの投資家の間で使われるようになった。

FANG+アップル(A)

 

・FANNG(ふぁんぐ)

フェイスブック(F)、アマゾン(A)、ネットフリックス(N)、エヌビディア(N)、グーグル(G)

またまた2017年からアメリカの投資家の間で使われ始めたもの。

FANG+エヌビディア(N)

 

GAFMA系統とMANT

 

続いてFANGとは別の造語をご紹介である。

 

・GAFMA(ガフマ)

グーグル(G)、アップル(A)、フェイスブック(F)、マイクロソフト(M)、アマゾン(A)

これは2012年頃から海外の出版業界で使われるようになった造語で、もともとは投資用語ではなかった。

 

・GAFA(ガーファ)

 グーグル(G)、アップル(A)、フェイスブック(F)、アマゾン(A)

出版業界を飛び出して様々な業界の脅威となった4社が注目をあびた結果、アメリカの投資家の間で広まった。

GAFMAーマイクロソフト(M)

 

・MANT(マント)

マイクロソフト(M)、アップル(A)、エヌビディア(N)、テスラ(T)

技術革新により世界を席巻するアメリカのテクノロジー企業4社。

2017年頃からアメリカの投資家の間で使われだした。

 

最新の造語はMANIA

 

そして2018年最新の造語はシエラ・アルファ・リサーチのデービッド・ケラー氏が考案した『MANIA(マニア)』である。

 

マイクロソフト(M)、アマゾン(A)、ネットフリックス(N)、インテル( I )、アドビシステムズ(A)の計5社からなる造語。

 

ケラー氏は注目理由として、大きな下落があった今年の株式市場において、株価が堅調に推移していることに着目している。

 

また一年トータルリターン(6月15日時点)も市場平均と言われている、S&P500指数を上回っている。(Bloomberg HPより)

f:id:shoboonn:20180618150724j:plain

一番上昇率の低いマイクロソフトでもS&P500指数に対して、3倍以上のリターンとなっている。

グラフにしてみるとよくわかるのだが、なかでもネットフリックスの上昇率が化け物じみている・・・。

 

ちなみにMANIAにいれてもらえなかった、FANGのフェイスブックとグーグルの一年トータルリターンは+28.12%と18.87%であり、MANIAいりしたアマゾンとネットフリックスの足下にも及ばない。

 

ちなみに(・ω・`)『しょぼーん』はアマゾンとフェイスブック、グーグルを保有しているわけだが、これからネットフリックスを買う度胸はない。

 

上がりすぎて逆に怖い。

怖いと思ったら手を出さないのが吉である。

株式投資は臆病にいこう。

 

それじゃあ、また(・ω・`)