(・ω・`)『しょぼーん』のつみたてNISA記録

つみたてNISA&米ハイテク企業『GAFA(ガーファ)』+αへ投資中

ダウ平均の3分の1は中国でできている。値動きは米中の関係性で決まる。

つみたてNISAと米国株

 

2018/6/20、7:00時点の状況だよ。

・つみたてNISA

f:id:shoboonn:20180620063635p:plain

たわら先進国は前日比−0.64%

楽天VTIは前日比−0.51%

 

うまるどころか広がっていくたわら先進国と楽天VTIの差。

分散投資とはいったい・・・( ˙-˙ )

 

・米国株

f:id:shoboonn:20180620062454p:plain

現地時間6月19日の米株式市場は下落。

前日比でダウ−1.15%、S&P500−0.40%、ナスダック−0.28%となった。

 

(・ω・`)指数も前日比−1.27%の下落とあいなった。

 

本日の米株式市場はまだまだ続く米中貿易摩擦問題で下落。

トランプ大統領がUSTR(米通商代表部)に対して「中国からの輸入品、2000億ドル分に10%の制裁関税を課すことを検討せよ」と指示した。

 

これに中国は即座に反発して、報復関税の可能性を示唆する声明を発表している。

 

いやはやまいったまいった。

どんどん米中貿易摩擦が過熱していくのぅ・・・。

 

ダウ平均とS&P500の算出方法は違う

 

最近のダウ平均は弱い。

今日も−1.15%で、S&P500の−0.40%と比べて3倍近く下落している。

直近一ヶ月の動きを見ても大きく負けている。

f:id:shoboonn:20180620051650j:plain

オレンジがダウ平均で青がS&P500である。

この差の理由としてあげられるのは、やはり米中貿易摩擦が激化したことによる、米中関係の悪化だろう。

 

ではなぜ米中関係が悪化するとダウ平均はS&P500と比較して大きく下落するのか。

それは両指数の算出方法と銘柄数の違いが関わってくるので、まずはそこを説明するのである。

 

・ダウ平均の算出方法と構成銘柄数

30銘柄で構成されており、構成銘柄の平均株価を指数化して算出。

株価の高い銘柄(値がさ株)の動きに大きく影響される。

 

例えばもっとも株価の高いボーイング(約340ドル)ともっとも低いゼネラル・エレクトリック(約13ドル)では、指数への影響力は30倍近く違う。

 

そして30という少ない銘柄数ゆえに、値がさ株が下落すると指数が大きく下落する。

 

・S&P500の算出方法

500銘柄で構成されており、構成銘柄の時価総額を指数化して算出。

時価総額の大きな銘柄(大型株)動きに大きく影響される。

構成銘柄の上位はアップルやマイクロソフト、アマゾンなど。

 

だが500という多くの銘柄で構成されており、上位銘柄が下落しても指数への影響は限定的なものにとどまる。

 

ダウ平均は中国に依存している

 

ダウ平均とS&P 500の違いはおわかりいただけただろう。

ではここから本題の『米中関係悪化=ダウ平均下落』のお話しである。

 

実はダウ平均のへの影響が大きい値がさ株の多くが、事業における中国への売り上げが結構大きい。

 

ボーイングは2017年の売上高のうち13%が中国で、アップルにいたっては19%であり、アメリカに次ぐ巨大市場となっている。

 

また米中関係が悪化すると、株は売られて米長期債が買われる。

そして長期債が買われると長期金利は低下。

 

利ざやの縮小が嫌気されて、値がさ株であるゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースなどの金融・銀行株が売られる。

 

ダウ平均の中で、米中関係の影響を大きく受ける銘柄の株価構成比率は約32%。

ダウ平均の約3分の1は中国で出来ていると言っても過言ではない。

 

米中関係が悪化すれば下落するのは必然なわけである。 

 

まだまだ続きそうな米中貿易摩擦。

新たな情報が出るたびにダウ平均は大きく下落することだろう。

 

それじゃあ、また(・ω・`)