(・ω・`)『しょぼーん』のつみたてNISA記録

つみたてNISA&米国株へ投資中

全部トランプ大統領のせいだ(八つ当たりその2)


つみたてNISAと米国株

 

2018/9/8、7:00時点での状況だよ。

・つみたてNISA

f:id:shoboonn:20180908062548p:plain

たわら先進国は前日比−1.15%

楽天VTIは前日比−1.04%

 

株価は下がる&円高のダブルパーンチ。

あばばばばば(;゚Д゚)

 

・米国株

f:id:shoboonn:20180908062238p:plain

現地時間9月7日の米株式市場は下落。

前日比でダウ−0.31%、S&P500−0.22%、ナスダック−0.25%となった。

 

(・ω・`)指数は+0.58%の上昇。

フェイスブックがプチ反発&グラブハブが+3%近く上げたことで、前日比プラスで今週を終えることができたのである。

 

 

トランプ大統領が株式市場にとっての最大のリスク?

 

今日の米株式市場は序盤は底堅い動きだったが、トランプ大統領の「まもなく発動される、対中追加関税2000億ドルに加えて、2670億ドル規模の追加関税も用意している」との発言を受けてムードが一変。

 

売り先行となり結局後半はマイナス圏での動きが続いた。

 

2670億ドル規模の追加関税については「実施したくはないが」との注釈もつけたが、まあ実施するのであろう。

 

だってトランプ大統領だもん。

 

もーこの大統領には困ったものである。

発言の一つ一つが相場を冷やす材料にしかならない。

 

アメリカ国内の景気がいいから株価は上昇しているものの、景気が減速しだしてこの発言をしたらシャレにならない。

 

まあ当然、景気が良好なことを理解した上での発言だとは思うのだが。

むしろこの機を逃すまいと色々と是正に動いているのだろう。

 

しかし、それにとばっちりを食らうのが株式市場。

貿易関税、IT・ハイテク企業への批判、ドル高誘導&ドル安誘導発言などなど。

 

会見の場だけにとどまらずツイッターでも発言しまくるから、適宜燃料を投下してくれる。

 

この状況はトランプ大統領の任期満了である2020年までは続くわけである。

場合によっては二期目突入で2024年まで・・・。

  

それじゃあ、また(・ω・`)