(・ω・`)『しょぼーん』のつみたてNISA記録

我が輩、年収100万円(パン屋さんのパート)つみたてNISAと米国株で資産作りにはげむ。

S&P500編:株式投資は「時の運」 米株式市場は幸運の女神に愛されている


・つみたてNISAと米国株

 

 2019/1/23、7:00時点での状況だよ。

・つみたてNISA

f:id:shoboonn:20190123064124p:plain

たわら先進国は前日比−0.01%

楽天VTIは前日比+0.01%

 

両投信ともにほぼ変わらず。

プラマイ同等で見事な打ち消しあいである。

 

・米国株とOneTapBUY

f:id:shoboonn:20190123064108p:plain

現地時間1月22日の米株式市場は大きく下落。

前週末比でダウ−1.22%、S&P500−1.42%、ナスダック−1.91%となった。

 

楽観ムードはどこへやら、IMF(国際通貨基金)による世界経済見通し引き下げや中国の景気減速懸念で売り先行。

 

またジョンソン&ジョンソンが決算発表で2019年度通気見通しに弱気だったことも重石となった。

 

(・ω・`)指数は−3.39%

OneTapBUYのSPXLは−4.57%

 

半導体もハイテク銘柄も売られて弱い1日となった。

SPXLもマイナスに転落してしまったよ・・・。

 

 

安心・安全・安定のS&P500

 

 昨日、日経平均は運の良し悪しでパフォーマンスに16倍の差が生まれるなんてブログを書いた。

www.shoboonn.com

 

今日はそれのS&P500編である。

結論からいうと日経平均とは違いS&P500は安定したパフォーマンスを生み出しているということである。

f:id:shoboonn:20190122140816j:plain

 上の画像はS&P500の年代別リターン(前年代末を100とした場合)なのだが、ここ70年でもっともパフォーマンスが悪かったのが2000年代。

 

1999年末に100万円分のS&P500を購入していた場合、2000年代末時点(2009年末)で約75万円になっている。

 

一方でもっとも良いパフォーマンスだったのが1990年代。

1989年末の100万円が1990年代末時点で(1999年末)約415万円になっている。

 

ここ70年の最悪と最高の差は約5.5倍であり、これは日経平均の最悪と最高の差である16倍をはるかに下回る安定性。

 

S&P500の記録をさかのぼれ限界までさかのぼって、本当の最悪パフォーマンスである1930年代と最高パフォーマンスの1990年代の差を比べても約7.1倍であり、日経平均より安定しているといっても良いだろう。

 

どうやらS&P500は幸運の女神であるフォルトゥーナに愛されているようだ。

この先も幸運が続くとは限らないが過去を振り返った結果、日経平均よりかはS&P500に投資した方が安心して投資を続けられるだろう。

 

それじゃあ、また(・ω・`)