(・ω・`)『しょぼーん』のSPXLつみたて記録

我が輩、年収100万円(パン屋さんのパート)米国株で資産作りにはげむ。

ついに始まるリセッション ドイツが景気後退入りの見込み


米国株・つみたてNISA 保有状況

 

2019/9/27の米国株とつみたてNISAの保有状況だよ。 

f:id:shoboonn:20190927065123p:plain

 

米時間9月26日の米株式市場はダウ−0.30%、S&P500−0.24%、ナスダック−0.58%。

トランプ米大統領に対する弾劾リスクが嫌気され下落。

 

ただ弾劾にいたる可能性は不透明であるものの低く、この政治リスクより深刻な経済リスクがヨーロッパで台頭しつつある。

 

それはドイツがついに景気後退(リセッション)に陥るとの話しである。

 

ドイツ経済は7-9月にマイナス成長、景気後退入りの見込み-DIW - Bloomberg

 

欧米では2四半期連続でGDPの成長率がマイナスになると、景気後退とみなすのが一般的。

 

ドイツは4〜6月期のGDPが−0.1%減。

そしてどうやら7〜9月期もマイナスになるとの調査結果がでている。

 

GDP発表(速報値)は11月14日だが、ここで実際にマイナスが確認されたらはれて景気後退突入である。

 

わーめでたくなーい。

 

ドイツはGDP比の貿易依存度が70%(日本は30%弱)もあるのに加えて、経済的な中国依存も大きく、世界的な貿易戦争の影響が見事に直撃している。

 

ドイツ・・・南無三・・・。

 

ちなみに実はイギリスも景気後退に陥りそうだったりする。

ブレグジットが混迷中の混迷を極めており、完全に企業の設備投資や活動に支障をきたしているらしい。

 

ヨーロッパ丸ごと南無三か?

 

そうなるとアメリカ一強か、はたまた世界的な景気後退で一気にリスクオフか。

この先、ある程度の嵐は覚悟しておくかね・・・。

 

それじゃあ、また(・ω・`)