(・ω・`)『しょぼーん』のSPXLつみたて記録

我が輩、年収100万円(パン屋さんのパート)米国株で資産作りにはげむ。

【SPXL】ハイリスクハイリターン!楽天証券で買えるブル3倍ETF【SOXL】


悪魔的&圧倒的リターン!

 

S&P500やダウ平均、日経平均やTOPIXなど、たくさんの銘柄を集め特殊な計算方法で算出される『株価/株式指数』

 

その指数に連動するETFに投資すればお手軽簡単に分散投資ができ、個別株を買うよりかはリスクを軽減することができる(あくまで「よりかは」)

 

ただ指数への投資は、個別株に比べてリスクが低いかわりにリターンも低くなってしまいがち。

 

そんな問題を解決するのが「ブル3倍ETF」である。

 

3倍の名の通り連動する指数の3倍の動きを目標としたETFであり、莫大なリターンをもたらしてくれる。

f:id:shoboonn:20191118093509j:plain

 

上の画像はS&P500に連動する通常型ETF(VOO)とブル3倍ETF(SPXL)の約9年(2010年9月〜2019年11月)のリターンなのだがその差は歴然。

上昇相場が続いたこともあり、SPXLはVOOの7.6倍超のリターンとなっている。

 

とんでもないゼェ・・・( ゚д゚)

 

そんな悪魔的&圧倒的な魅力を誇るブル3倍ETFにはたくさんの種類がある。

ってなわけで、我が輩が使っている楽天証券で取り扱っているブル3倍ETFをご紹介していこうぞ!

 

楽天証券には16種類のブル3倍ETFがある

 

楽天証券で取り扱いのあるブル3倍ETFは16種類(2019年11月18日時点)

 

・SPXL(S&P500)

・TNA(米国小型株)

・TMF(20年超米国債)

・DRN(米国リート)

・FAS(米国金融株)

・ERX(エネルギー)

・SOXL(半導体)

・CURE(ヘルスケア)

・LABU(バイオテック)

・UBOT(ロボAI&オートメーション)

・TECL(テクノロジー)

・NUGT(金鉱株)

・INDL(インド株)

・EDC(新興国株)

・RUSL(ロシア株)

・YINN(中国株)

 

アメリカを代表するS&P500や米国債、エネルギーや半導体といった特定の業界、インドや中国や新興国、はては金鉱株までよりどりみどりのライナップ。

 

 

SOXL(半導体)のリターンがとんでもない

 

こんなにたくさんあるとどれを買うかが悩みどころ。

当然リターンにも差がある。

 

ということで「1年リターンTOP5」と「5年リターンTOP5」をご紹介!

(リターンの数値は2019年11月18日時点。楽天証券を参照しました)

 

『1年リターンTOP5』

1位 SOXL(半導体)+137.29%

2位 NUGT(金鉱株)+109.42%

3位 TECL(テクノロジー)+86.31%

4位 TMF(20年超米国債)+67.65%

5位 FAS(米国金融株)+43.97%

 

『5年リターンTOP5』

1位 SOXL(半導体)+757.39%

2位 TECL (テクノロジー)+483.78%

3位 FAS(米国金融株)+193.83%

4位 SPXL(S&P500)+188.28%

5位 CURE(ヘルスケア)+103.28%

 

1年・5年ともにSOXL(半導体)が他の追随を許さないパフォーマンス。

特に5年リターンがとんでもない。

 

TECL(テクノロジー)とFAS(米国金融株)は1年・5年どちらにもランクインしておりこちらも好成績。

 

NUGT(米金鉱株)は米中貿易戦争や世界景気減速懸念により、ここ1年非常に素晴らしいリターンをあげている。

 

ちなみに参考としてVOO(S&P500連動ETF)の1年リターンは+16.85%、5年リターンは+67.75%となっている。

 

ブル3倍ETF各種のリターン恐るべし・・・( ゚д゚)

 

 

リターンとリスクは等価交換

 

さてさて、ブル3倍ETFの悪魔的&圧倒的リターンをご紹介してきたが、3倍動くということは「下にも3倍動く」ということを忘れてはいけない。

 

2018年は年末にかけて下落相場となり市場全体が大きく下落した。 

 

その時のVOO(S&P500連動ETF)と、ブル3倍ETFのSPXL(S&P500ブル3倍)とSOXL(半導体)の高値近辺→安値の下落率が下の画像である。

f:id:shoboonn:20191118094334j:plain

 

VOOの下落率が約−14%であるのに対してSPXLは約−39%、SOXLにいたっては約−62%というとんでもない下落率である。

 

上昇も下落もブル3倍ETFはとんでもないゼェ・・・。

リターンとリスクはやっぱり等価交換なんだゼェ・・・( ゚д゚)

 

ブル3倍ETF(主にSPXL)に関しては、検索すると「短期なら〜」とか「長期なら〜」とか、色々な情報が出てくるが、個人的に購入はオススメしないぞ(1回目)

 

我が輩はもし「なにに投資したらいい?」って聞かれたら「つみたてNISAで楽天VTIかeMAXIS Slimの先進国か米国株(S&P500)」って答える。

 

ちなみに我が輩はSPXLを約70万分+SOXLを約10万円分持っているし、これからも買っていくつもりではある。

 

でも人にはブル3倍ETFは絶対にオススメしないぞ(2回目)

(大事なことなので2回言いました)

 

それじゃあ、また(・ω・`)