(・ω・`)『しょぼーん』のSPXL&TECL長期投資記録

我が輩、年収100万円(パン屋さんのパート)米国株で資産作りにはげむ。毎月末にブログ更新中。

動かざること山の如し 追加関税発動の有無がわかるまでガマンガマン


米国株・CFD 保有状況

 

2019/12/10の米国株とCFDの保有状況だよ。

f:id:shoboonn:20191210145219p:plain


現地時間12月9日の米株式市場は下落。

ダウ−0.38%、S&P500−0.32%、ナスダック−0.40%となった。

 

さてさて、イベント盛りだくさんの週がはじまった。

10〜11日に米連邦公開市場委員会(FOMC)、12日に英議会総選挙。

 

そして15日、目下最大の材料であるアメリカと中国の追加関税第4弾発動予定日。

 

各々の見通しとしてはFOMC→利下げなし。

英議会総選挙→与党・保守党が最大議席獲得(過半数確保は苦戦するかも)。

 

まあこの2つは順当無難にいくだろう。

 

ただ米中の追加関税に関しては発動まで一週間を切っているのに情報錯綜、楽観論も悲観論も出ており、当日になるまで余談を許さない状況である。

 

株式市場も警戒感が高まっているのか、米農務長官が9日に「(関税が)発動する可能性は低いだろう」と述べたにもかかわらず、買われるどころか売られる展開(前週末の大幅高の利確もあるが)

 

・・・・・・動けんな。

 

さすがに今週は誰も彼も大きく動くことが難しい状況であり、15日になるまで風船がパンパンに膨らんだ状態、緊張感MAXでひじょーに心臓に悪い。

 

ふぃ〜深呼吸深呼吸〜。

 

風船が破裂するのはわかっててもビックリするから、そのビックリからいかに素早く冷静に復帰するかが大事である。

 

それじゃあ、また(・ω・`)