(・ω・`)『しょぼーん』のSPXL&TECL長期投資記録

我が輩、年収100万円(パン屋さんのパート)米国株で資産作りにはげむ。

【フェムテック】不妊治療福利厚生サービスのプロジニー(PGNY)を購入


米国株・CFD 保有状況

 

2019/12/20の米国株とCFDの保有状況だよ。

f:id:shoboonn:20191220064733p:plain


現地時間12月19日の米株式市場は上昇。

ダウ+0.49%、S&P500+0.45%、ナスダック0.67%となった。

 

ムニューシン米財務長官が、米中が来年1月初旬に部分合意第1弾に署名すると述べたことで買い先行。

 

そんないい雰囲気の中で、我が輩は新たにプロジニー(PGNY)という銘柄を10株買ったのである。

 

プロジニーは不妊治療に関わる福利厚生サービスを企業に提供する会社。

 

従来も同様の福利厚生サービスはあったが補償額が低く、体外受精など多額の費用がかかる不妊治療をカバーしきれていなかった。

 

だがプロジニーはそれら高額な不妊治療もカバーしている。

 

また代理出産や養子縁組といった部分もカバーしており、女性の健康を応援するフェムテック企業の枠を飛び越えた、多様性(LGBT)に配慮する特化型企業なのである。

 

顧客にはフェイスブックやマイクロソフト、グーグルといった大企業をもち、フォーチュン500のうち80社がプロジニーのサービスを導入している。

 

今後も優秀な人材確保を確保するために、福利厚生に力を入れる企業は増えるだろうし、一度採用した福利厚生サービスを撤廃することはあまりないだろうから、プロジニーの業績拡大は期待できる。

 

ただIPOが2019年10月だから、しばらくの間株価の上下がかなり大きくなる可能性が高く、買うのであればそこのところは覚悟しておこう。

 

それじゃあ、また(・ω・`)