(・ω・`)『しょぼーん』のTECL&レバレッジナスダック100長期投資記録

我が輩、年収100万円(パン屋さんのパート)米国株で資産作りにはげむ。毎月末にブログ更新中。

米国株・資産総額 月末報告会(2020年5月末)


 

はいはーい、2020年5月末時点での我が輩の資産総額をお知らせするのである。

 

5月は後半になるにつれて、先進国では新型コロナウイルスの勢いに陰りがみられ、ロックダウンの解除も始まり、経済再開期待から株式市場も2ヶ月続伸。

 

となれば我が輩の保有銘柄も上がっているはずである。

さあさあ!レッツチェックである!

 

米国株・投資信託

f:id:shoboonn:20200530084138p:plain


2020年5月末の米国株&投資信託の保有状況は上記画像のような感じ。

 

アマゾンもTECLも無事に上昇。

また月末ごろに買った、ストーン、パグセグロ、XPインクも大きく上がっている。

 

TECLの評価損は先月の−30%台から−20%台にまで回復しており、この調子でいけば秋には完全復活しちゃうんじゃないの〜〜うふふぅ〜(*゚∀゚*) ←あまりにも楽観的

 

では次に新規投資銘柄、ストーン、パグセグロ、XPインクの紹介をしておこう。

 

各社ブラジルの新興企業であり、米株式市場に上場して間もない(2年未満)新興フィンテック企業である。

 

ストーンとパグセグロは実店舗&オンライン店舗に決済サービスを提供する企業であり、スクエアやペイパルみたいな感じである。

 

XPインクはブラジル最大のオンライン証券会社。

 

2019年にナスダックに上場し2100億円を獲得。

2019年4番目の規模の新規上場企業となっており、なかなかの注目度合いである。

 

今回ブラジルの新興フィンテック企業に投資した理由だが、ブラジルは今、新型コロナウイルスの感染者が激増しておりかなりヤバめの状況。

 

しかし悲しいかな、それがフィンテック企業には追い風であり、成長性と将来性を期待して投資をおこなった。

 

まあ極少額、各銘柄5000円ずつだから気持ち程度の保有である。

 

 

 資産総額

f:id:shoboonn:20200530084631p:plain

f:id:shoboonn:20200530084640j:plain


株式市場が好調だったこともあり資産総額が300万円に復帰。

 

株式関連の含み損は約−30万円となっており、投資額に対しては約−15%の含み損。

総資産に対しては約−10%の含み損となっている。

 

いや〜復活してきたね〜。

3月末ごろは含み損−90万円近くあって「THE・悲惨!」の一言だったからね。

 

このまま上昇基調が続いてほしいところではあるが、最近またアメリカと中国がじゃれ合いを始めいるのがネック。

 

コロナに関しても第2波への警戒感は強く、このまますんなりいくかはわからない。

 

まあ心配しても仕方ないか。

6月ものんびりじっくり、ただ見守っていくしかあるまい。

 

それじゃあ、また来月末に(・ω・`)