しょぼーんの米国株IPOチェック!

米株式市場に新規上場する銘柄はチェックして10倍株(テンバガー)を探したい。

【米株式市場】S&P500の下落はまだまだ続く!? 3,000まで下落する可能性がある!?

年初から米株式市場が下落を続け、泣きをみている投資家のみなさん。

まだまだ下落が続き、悲しい日々が続くかもしれないのである。

 

・過去140年、19回のベアマーケットの平均下落率は37.3%

バンクオブアメリカが過去のベアマーケットを調べたところ下落期間は平均289日。

下落率は37.3%という結果になった。

これに基づくとS&P500は最高値4,818から約3,000まで下落する計算になる。

 

5月21日時点でS&P500は3,901。

3,000となるとここからさらに23%下落する可能性があるということになる。

 

・金融資産が1ドル減ると個人消費は2セント減る

食料・エネルギー・家賃の高騰による直接的な経済打撃に加えて、株式市場の下落で金融資産にも大きな痛手を被っている。

 

アメリカの家庭の金融資産は年初から8兆ドル(約1,000兆円)減少している。

金融資産が1ドル減ると個人消費が2セント減ると試算されており、約1,600億ドル(20兆円)の消費が無くなっている計算になる。

 

単純に考えて企業の収益がアメリカ全体で約1,600億ドル減少しているということになり、各企業の業績不振は明確である。

 

とのお話しです(・ω・`)

 

www.marketwatch.com